僕はどこから(ドラマ)最終回第11話の無料動画・見逃し配信は?ネタバレ・感想も調査!

こんにちはKJです!

中島裕翔さん主演ドラマ「僕はどこから」最終回第11話が2020年3月18日(水)深夜0時12分よりテレビ東京で放送され話題となっておりますね!

本作品は特殊な能力を持つ青年とエリートヤクザがタッグを組み事件を解決していく、青春異能クライムサスペンスとなっております!

僕はどこから第10話の感想・ネタバレはこちら

さて、そんなドラマ「僕はどこから」第11話をリアルタイムで見れなかった方もいるはず!

そこで、今回は【僕はどこから(ドラマ)最終回第11話/3月18日放送の無料動画・見逃し配信や感想・ネタバレ】について調査しました!

動画配信について結論から言うとドラマ「僕はどこから」はテレビ放送終了後、Paraviで配信開始しております!

※テレビ再放送日程は未定となります。

動画配信状況は下記の通りです↓

配信サービス 配信状況 お試し期間
Paravi (見放題配信) 2週間無料
U-NEXT (個別課金) 31日間無料
hulu 14日間無料
FOD 31日間無料
Amazonプライムビデオ 30日間無料

ドラマ「僕はどこから」を1話~最新話まで見放題で視聴したい方はParaviに会員登録しましょう!

そして、Paraviでは2週間の無料会員期間があり「僕はどこから」を無料で視聴することができます!

期間内に解約すれば料金は一切かかりません!

また、仮にサービスを継続するにしても月額1,017円(税込)とそこまで高くもないので、サービスが気に入ったら継続するのも良いかと思います。

※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です。

是非この機会にParaviに会員登録して、ドラマ「僕はどこから」を無料で視聴しましょう!

今すぐParaviに会員登録して、僕はどこから(ドラマ)を無料視聴するにはこちらをタップ!

Paraviではドラマ「僕はどこから」以外も楽しめる!

Paraviではドラマ「僕はどこから」以外にも様々なドラマを楽しむことができます!

Paraviではドラマ主演の中島裕翔さんの出演作品、

  • ピンクとグレー
  • 僕らのご飯は明日で待ってる

も配信されておりますし、間宮祥太朗さん出演作品「放課後はミステリーとともに」や上白石萌歌さん出演作品、

  • 義母と娘のブルース
  • 義母と娘の間のフェルマータ
  • 東野圭吾「分身」

なども見放題で視聴することができます!

また、Paraviでは他にも同クールドラマ、

  • 恋は続くよどこまでも(佐藤健、上白石萌音 主演)
  • 来世ではちゃんとします(内田理央 主演)
  • 病室で念仏を唱えないでください(伊藤英明 主演)
  • テセウスの船(竹内涼真 主演)
  • コタキ兄弟と四苦八苦(古舘寛治 主演)

も配信中です!

「僕はどこから」以外にもキャスト関連作品や人気ドラマが視聴できるのは嬉しいですね!

この機会にParaviに無料会員登録して、ドラマ「僕はどこから」や、他の人気ドラマを無料で楽しんじゃいましょう!

今すぐParaviに会員登録して、ドラマ「僕はどこから」や他の人気ドラマを視聴するにはこちらをタップ!

Paravi無料会員登録方法

Paraviの無料会員登録方法について解説します!

ここではメールアドレスとクレジットカード情報を利用した登録方法について説明します。

まず、Paraviのサイトから「まずは2週間無料お試し」をクリックします。

すると、プラン内容確認の画面に移りますので、メールアドレス、もしくは外部サービスのアカウント(Google,Yahoo,Twitter,Facebook,日経)どちらかを利用してアカウント作成画面にいきます。

「メールアドレスでアカウント作成」ボタンをクリックすると、名前、メールアドレス、クレジットカード情報を記入する欄がありますので、そちらを記入しましょう。

また、記入欄には「PINコード」の欄がありますが、こちらはメールアドレス記載欄の下の「PINコードを送信」をクリックすれば、記入したメールアドレス宛に届きます。

必要情報を記入後、画面下の「利用規約およびプライバシーポリシーに同意する」にチェックを入れて、「クレジットカードで登録して続ける」ボタンをクリックします。

※「お知らせを受け取る」はチェックしてもしなくてもOKです。

ボタンをクリックすると登録完了です!

登録完了画面に移りますのでこれでParaviの利用が可能になります!

数分もかからずに登録できてしまいますね!

是非Paraviに無料会員登録して、ドラマ、アニメ、映画を楽しんじゃいましょう!!

Paraviに無料会員登録するにはこちらをタップ!
解約方法については別記事にて記載しているので気になる方はチェックしてみて下さい↓

僕はどこから(ドラマ)最終回第11話のあらすじ

竹内薫(中島裕翔)と藤原智美(間宮祥太朗)は、物置に匿われた井上玲(笠松将)を探しに行くが、そこに玲の姿はなかった。そのかわり壁一面に血のようなもので殴り書かれた無数の数字が…。東宮寺正胤(若林豪)との約束の時間まであと3時間。玲を探し出すのは不可能と判断した智美は、愕然とする薫に「逃げろ」と言い放つが、薫は壁に残された数字に触れ、必死に玲の居場所を探し出そうとする。
一方、権堂真司(音尾琢真)は藤原千佳(上白石萌歌)を薫のアパートへ連れて行き、薫の母・竹内陽子(仙道敦子)と待っているよう指示。智美に協力したいと嫌がる千佳を、「これは智美からの指示だ」と説き伏せる。

僕はどこから(ドラマ)最終回第11話の予想展開は?

第11話は、井上玲が壁に残したたくさんの文字から、薫が何かを読み取り、事件を解決へ導いてほしいです。智美がどうなってしまうのかがとても心配です。かなり体にダメージを受けているので大丈夫なのか気がかりです。

それから智美の妹ちかは、どうなるのかも気になります。権堂が、ちかに拳銃を向けていましたが、本気でやっているのかとても気になります。薫の冷静な能力が見どころになると思います。薫の能力がいかんなく発揮されることを楽しみにしています。

権堂は千佳を守り、会長から遠ざけようとしているのだと思います。薫と智美が玲を見つけ出し、会長の手からどう逃れるのか見どころですね。薫と智美、千佳、そして玲も無事で、人生をやり直すことができるよう期待しています。

特に千佳が、智美への依存なしに明るい未来へ踏み出せるよう願います。智美も、本来自分のやりたいことにもう一度挑戦できればいいのですが。桐原が事件の真相をきちんと明らかにできますように。
会長のたくらみも実現できないようにしてほしいです。

僕はどこから(ドラマ)最終回第11話のネタバレは?

薫と智美は玲を探して倉庫に入る。そこに玲の姿はなく、白い内壁一面にはたくさんの複雑な数式と「死ね」という文字が書かれていた。書かれた文字から玲の居所を突き止めるため、薫は文字と床に書き写し始める。

そして薫は玲の幼い頃からの行動を追跡し、やがて玲の心の奥底に潜む、母親への深い愛情を知る。この結果、玲は母親の遺体に寄り添っているところを発見される。

半年後、玲の家を訪れた薫は、偶然玲に出会い、玲から紙袋に入った2千万円を渡される。薫は団地に戻り、小説を書きながら、千佳と母と3人で暮らしていく。智美は姿を消すが、3人を遠くから見守るのだった。

玲は壁に死ねという言葉と無数の数式を残し姿を消していた。智美は拳銃でケガを負い東宮寺との約束時間まで3時間しかなくあきらめてしまう。

しかし智美はその数式などを読み解き玲の頭の深い部分まで入り込み、玲が安置所で保管されている亡くなった母の側にいることを知る。

駿の思いを受け入れた山田が罪を被る取引を刑事と交わす。

結局、病院には連れて行かずに2人とも体育館に入ってしまい、ともみ君は会長に殺されてしまうならと体育館に残ってしまいました。

しかし、ともみ君の頼みでれい君を探しに行きます。しかし、れい君はかおる君が人の心の中に入ってしまうことを知っていて怒りをかおる君にぶつけます。そして、結局戻ってきたときにともみ君が煙草を吸った後に亡くなってしまい大切な人を亡くした悲しみに沈んでいきます。

僕はどこから(ドラマ)を1話~最終話まで無料視聴するならParaviで!会員登録はこちらをタップ!

僕はどこから(ドラマ)最終回第11話の感想は?

智美は拳銃で腹部を撃たれ大量の血を流していることから、もう生存は不可能と思った。薫が玲の頭の中の深い所まで潜りこむことで。やっと玲の考えていることがわかった結果だった。

もっと早い段階で玲の考えが分かればこんなことにならなかったと思うが、薫が智美と一緒にいることで強くなったように思えた。
山田が全ての事件の罪を被り刑事と取引が起こる展開が新鮮だった。
全てが終わりとても罪悪感が残り半年後にようやく2000万円を玲から受け取り、智美の姿を見ることが出来てホットした。

千佳の行方が心配でしたが、権藤はそんなに悪い人ではありませんでした。薫の母親の面倒を見させるために向かわせたのでした。玲の母親も、子どもを心配するがあまり暴力・虐待に手を出してしまったのでしょう。しかし、許されないことです。

玲が逃げ出すためには、この方法は致し方なかったとも思えます。ヤクザや半グレを巻き込んだ結果となりましたし、別の問題と絡められ利用されたような感じもしましたが1000万円は薫に入りました。藤原は重傷を負いながらも、なんとか生き長らえたようで一安心しました。しかし、薫の能力は消えてしまい普通の人になってしまいました。これからは普通の人として生きていくのでしょう。

玲の殺意の源泉にどんな心の葛藤あったのか、特殊能力を駆使しながら深く追求する薫が、玲を諭す姿が印象的でした。また前回までに権藤が千佳を誘拐するような行動を起こしていたのですが、これは智美の指示だということがわかって安心しました。

そして千佳は薫の母親の面倒を見ながら、お互い心を開いていく描写が秀逸でした。途中智美が絶命したような描写があり、残念に思っていましたが、最後に生きていた姿が見られて、結末の後味も良かったです。

ついにやってきた最終回。薫と玲の対話は自分自身へのものだったんだなと感じさせる深い話になっていました。玲の否定される毎日は愛情の裏返しだということも分かりましたが、そういう感じ方もあるのかと少し意外に感じました。

最後に智美が薫に「書け」と言っから書いているようでしたが、自分の言葉で書くことにより、人の思念を読むことは出来なくなった、というモノローグがあり、上手くできてるなと感じました。そして千佳がちゃっかり同居して薫の母の面倒を見てくれているのにも驚きでしたが、よかったなと思える部分でした。

そのまま体育館に入ってしまって、早く病院に連れて行ってほしいと思いました。しかし、ここの騒動がすぐにばれてしまうと言って体育館に残ってしまったときは会長に殺されてしまうよりもまだ苦しくないかなと思いました。

かおる君の読み取る能力をようやく使ってくれてもっと能力が見たかったです。最終回だけではなく能力をときどき入れてほしかったです。また、結局ともみ君が亡くなってしまって彼はそこで亡くなるのが1番良いと考えたんだろうと思いました。

僕はどこから(ドラマ)を1話~最終話まで無料視聴するならParaviで!会員登録はこちらをタップ!

僕はどこから(ドラマ)全話通しての感想は?

ヤクザになった元同級生と、人の書いた文字から気持ちが読み取れる青年の再会から始まったこのドラマ。そもそものはじまりは、藤原が替え玉受験を依頼されたことから始まりました。薫の能力を使い、すぐに終わるだろうと思っていたのですが別の問題も絡んできて、とても複雑な話でした。

ヤクザなりのしきたりの中で生きる藤原と、認知症の母親を診ながらアルバイトでギリギリ生活していた薫。二人で必要な能力を補いながら、協力し合いながらミッションをクリアしていくという単純な物ではなかったのです。最後、藤原は薫の前から消えてしまったけど、最後の友情のこの1か月は一生忘れることは無いでしょう。

ドラマ前半は特殊な能力をもつ青年・竹内薫がメインでしたが、全話通してみると、若き組長・藤原智美とのダブル主演ともいえる内容だったと思います。認知症が進んだ母の世話をしながら、気の向かないゴーストライター業務を請け負うナイーブな薫役を中島裕翔さんが好演されていました。

間宮祥太朗のドスの利いた演技とのコントラストもメリハリがあって良かったです。替え玉受験から生まれる殺人事件を全話通して追っていくという構成で、薫の能力を発揮するシーンがもう少し欲しかったと思う反面、結末はうまい締め方だと感じました。

Paraviで僕はどこから(ドラマ)最終回第11話を無料視聴しよう!

今回は「僕はどこから(ドラマ)」最終回第11話の無料動画・見逃し配信やネタバレ・感想について調査しました!

僕はどこから(ドラマ)第11話はテレビ放送後Paraviで見逃し配信されているので、ドラマを視聴したい方はParaviに会員登録しましょう!

そして、Paraviであれば2週間の無料会員期間があるので、登録から2週間以内に退会すれば料金は一切かかりません。

また、サービスが気に入ったのであれば、継続するのも良いでしょう!

Paraviでは「僕はどこから」以外にも出演者関連作品や人気ドラマも視聴できるのは嬉しいですね!

この機会にParaviに無料会員登録して、「僕はどこから」を無料で楽しんじゃいましょう!

今すぐParaviに無料会員登録するにはこちらをタップ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です