僕はどこから(ドラマ)の無料動画・見逃し配信は?再放送に1話~最終回の視聴方法も!

こんにちはKJです!

市川マサさんの漫画「僕はどこから」がドラマ化され、2020年1月8日(水)深夜0時12分よりテレビ東京で放送開始されることが決定し話題となっておりますね!

本作品は特殊な能力を持つ青年とエリートヤクザがタッグを組み事件を解決していく、青春異能クライムサスペンスとなっております!

第1話の感想・ネタバレはこちら

第2話の感想・ネタバレはこちら

第3話の感想・ネタバレはこちら

第4話の感想・ネタバレはこちら

第5話の感想・ネタバレはこちら

第6話の感想・ネタバレはこちら

第7話の感想・ネタバレはこちら

第8話の感想・ネタバレはこちら

第9話の感想・ネタバレはこちら

中島裕翔さん、間宮祥太朗さん主演に上白石萌歌さんも出演ということで注目度も非常に高いですね!

さて、そんなドラマ「僕はどこから」を視聴したい方の中には、

  • 飲み会や仕事が入り、リアルタイムでドラマを見れなかった
  • もう一度ドラマを見返したい

という方もいらっしゃるはず!

そこで、今回は【僕はどこから(ドラマ)の無料動画・見逃し配信の視聴方法】について調査しました!

結論から言うとドラマ「僕はどこから」はテレビ放送終了後、Paraviでの配信開始しております!

※テレビ再放送日程は未定となります。

動画配信状況は下記の通りです↓

配信サービス 配信状況 お試し期間
Paravi (見放題配信) 2週間無料
U-NEXT (個別課金) 31日間無料
hulu 14日間無料
FOD 31日間無料
Amazonプライムビデオ 30日間無料

ドラマ「僕はどこから」を1話~最終話まで見放題で視聴したい方はParaviに会員登録しましょう!

そして、Paraviでは2週間の無料会員期間があり、「僕はどこから」を無料で視聴することができます!

期間内に解約すれば料金は一切かかりません!

また、仮にサービスを継続するにしても月額1,017円(税込)とそこまで高くもないので、サービスが気に入ったら継続するのも良いかと思います。

※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です。

是非この機会にParaviに会員登録して、ドラマ「僕はどこから」を無料で視聴しましょう!

今すぐParaviに会員登録して、僕はどこから(ドラマ)を無料視聴するにはこちらをタップ!

Paraviではドラマ「僕はどこから」以外も楽しめる!

Paraviではドラマ「僕はどこから」以外にも様々なドラマを楽しむことができます!

Paraviではドラマ主演の中島裕翔さんの出演作品、

  • ピンクとグレー
  • 僕らのご飯は明日で待ってる

も配信されておりますし、間宮祥太朗さん出演作品「放課後はミステリーとともに」や上白石萌歌さん出演作品、

  • 義母と娘のブルース
  • 義母と娘の間のフェルマータ
  • 東野圭吾「分身」

なども見放題で視聴することができます!

また、Paraviでは他にも同クールドラマ、

  • 恋は続くよどこまでも(佐藤健、上白石萌音 主演)
  • 来世ではちゃんとします(内田理央 主演)
  • 病室で念仏を唱えないでください(伊藤英明 主演)
  • テセウスの船(竹内涼真 主演)
  • コタキ兄弟と四苦八苦(古舘寛治 主演)

も配信中です!

是非これらの作品も「僕はどこから」と合わせてチェックしてみて下さい!

この機会にParaviに無料会員登録して、ドラマ「僕はどこから」や、他の人気ドラマを無料で楽しんじゃいましょう!

今すぐParaviに会員登録して、ドラマ「僕はどこから」や他の人気ドラマを視聴するにはこちらをタップ!

Paravi無料会員登録方法

Paraviの無料会員登録方法について解説します!

ここではメールアドレスとクレジットカード情報を利用した登録方法について説明します。

まず、Paraviのサイトから「まずは2週間無料お試し」をクリックします。

すると、プラン内容確認の画面に移りますので、メールアドレス、もしくは外部サービスのアカウント(Google,Yahoo,Twitter,Facebook,日経)どちらかを利用してアカウント作成画面にいきます。

「メールアドレスでアカウント作成」ボタンをクリックすると、名前、メールアドレス、クレジットカード情報を記入する欄がありますので、そちらを記入しましょう。

また、記入欄には「PINコード」の欄がありますが、こちらはメールアドレス記載欄の下の「PINコードを送信」をクリックすれば、記入したメールアドレス宛に届きます。

必要情報を記入後、画面下の「利用規約およびプライバシーポリシーに同意する」にチェックを入れて、「クレジットカードで登録して続ける」ボタンをクリックします。

※「お知らせを受け取る」はチェックしてもしなくてもOKです。

ボタンをクリックすると登録完了です!

登録完了画面に移りますのでこれでParaviの利用が可能になります!

数分もかからずに登録できてしまいますね!

是非Paraviに無料会員登録して、ドラマ、アニメ、映画を楽しんじゃいましょう!!

Paraviに無料会員登録するにはこちらをタップ!
解約方法については別記事にて記載しているので気になる方はチェックしてみて下さい↓

僕はどこから(ドラマ)のキャストは?

僕はどこから(ドラマ)のキャストは下記の通りです↓

中島裕翔- 竹内薫役
間宮祥太朗- 藤原智美役
上白石萌歌- 藤原千佳役
音尾琢真- 権堂真司役
高橋努- 山田龍一役
若林豪- 東宮寺正胤役
笠松将- 井上玲役
仙道敦子- 竹内陽子役
須藤理彩- 井上涼子役

注目は5年ぶり、4度目の共演となる中島裕翔さんと間宮祥太朗さんの演技ですね!

二人の関係性を活かした演技が気になるところです!!

僕はどこから(ドラマ)の感想は?

ドラマの最初に男性ば亡くなったような展開となり、一体何が起こったのか気になる内容でした。主人公の薫と智美は全く違う人生を送っていた無二の親友だったと思え、そして情報屋の山田と駿の関係も大きく心が揺れるシーンだった。

薫が相手の考えていることを読み解く力が替え玉受験に引用され、薫の母の認知症の費用に充てるつもりがどんどん事件につながり、後半では衝撃的なことばかり起こりスリル満点だった。
そして何度も危機が救られる思わぬ展開が良かった。

改めて、ストーリー構成が絶妙だったなと思います。全てが薫の能力ありきて、あとは二人の謎のやり取りの賜物でした。

友情の深さや、薫の能力の凄さを後々感じれるドラマだったなと思います。あの中で山田が暴走しなけれこんなこともなかったし、それを鉛筆1本で止めた薫も中々やるな、でした。派手さはないものの、人間関係や各人の思考や行動など併せて、すごくいいドラマだったなと思います。新しい形の友情だったような気はしますが、これが友情なのかもな、と感じたりしました。

殺し合いが多くて、女性には見にくいなと思いました。ヤクザとの関わりだったので殺人や追われてしまうことは当たり前だったかもしれないですが、強盗した4千万を巡っての事件で、たくさんの人の命が奪われてしまって悲惨でした。

ヤクザの世界は恐いのが凄くわかります。お金を巡ってたくさんのことが起こってしまって人間はお金が絡んでしまうと自分や周りが見えずらくなってしまうんだと思いました。生きることは大切なんだと思いました。

僕はどこから(ドラマ)を1話~最終話を無料視聴するならParaviで!登録はこちらをタップ!

僕はどこから(ドラマ)のあらすじは?

第1話 あらすじ

今から半年前。竹内薫(中島裕翔)は、認知症を患う母・陽子(仙道敦子)の介護をしながら小説家を目指していた。薄暗い部屋で原稿用紙に一心不乱に文字を書きなぐる薫。だが薫が持つある特殊能力により、小説は参考にした作家の作風にことごとく酷似。出版社に持ち込むたび酷評され、挙句「キミってもんがないのかい?」と一蹴されてしまう。  その頃、22歳の若さで講談会系東宮寺組聖狗会の組長となった藤原智美(間宮祥太朗)は、会長の東宮寺正胤(若林豪)から、誰もやりたがらない“デカいシノギ”の依頼が。依頼主が「先生」だと聞いた部下の権堂真司(音尾琢真)は不安がるが、智美は冷静に「藤原千佳(上白石萌歌)に連絡を取れ」と指示をする。このシノギになぜか薫が巻き込まれることとなる――。

第2話 あらすじ

竹内薫(中島裕翔)は、他人の文章を書き写すことで、その人の思考をコピーできる特殊能力を持っていた。藤原智美(間宮祥太朗)は、その能力で今回のシノギに協力してほしいという。権堂真司(音尾琢真)は素人を絡ませることを反対するが、智美は「薫は恩人だ」と言ってはばからない。それは5年前、高校1年生だった時のこと。ある日、智美の妹・千佳(上白石萌歌)が遺書を残して行方不明に。
焦る智美のもとに同級生の薫が現れ、遺書を奪い取ると一心不乱に書き写し始めた。「人の書いた文章を読んで書き写すと、その人の考え方を感じることが出来るんです!」――
そう言うと、薫は千佳が残した言葉の欠片を片っ端から読み取っていく。やがて薫の脳裏に千佳の本音や居場所のヒントが浮かび上がってきて…。

第3話 あらすじ

ゴーストライターの誘いを捨て、腹をくくった竹内薫(中島裕翔)は、替え玉受験の片棒を担ぐことに。顔合わせのため藤原智美(間宮祥太朗)と共に依頼人の井上家へ向かう。
井上涼子(須藤理彩)曰く、井上家の長男は旺慶大学に入らなければいけないしきたりがあるが、息子の玲(笠松将)は手を尽くしてもどうにもならず、替え玉を決意したという。
ところが話をするうちに感情が溢れてしまった涼子は、突然鬼のような形相で玲を引っぱたく。その後も玲が理解し難い行動をするたび暴力をふるう涼子。薫があ然とする中、智美のもとに東宮寺正胤(若林豪)から連絡が。なぜか一般人である薫を巻き込んだことがバレていて…。

第4話 あらすじ

他人の文章を書き写すことで、その人の思考をコピーできる特殊能力を持つ竹内薫(中島裕翔)は替え玉受験で小論文に取り組んでいる最中、井上玲(笠松将)の思考に入り込んでしまう。薫の頭に広がる不吉なイメージ…
この嫌な感情は一体何なのか…?違和感を覚えつつ指示通り試験を終え、藤原智美(間宮祥太朗)らと落ち合うと、そこに玲の姿はなかった。
嫌な予感がした薫はひとり慌てて井上家へ向かうが、家にも玲はいない。代わりに見つけたのは目を見開いたまま絶命した、血まみれの井上涼子(須藤理彩)の死体だった。しかも駆け付けた刑事・桐原崇(神保悟志)に殺害を疑われ、警察に連行されてしまう。
一方、東宮寺正胤(若林豪)に呼び出された智美は、失敗が許されないシノギに一般人である薫を巻き込んだ挙句、警察に捕まったことを厳しく問い詰められていた…

第5話 あらすじ

殺人犯の容疑がかかり、拘留されてしまった竹内薫(中島裕翔)。しかも警察に出頭した藤原智美(間宮祥太朗)が取り調べで「井上玲(笠松将)を紹介して来たのは薫だ」と供述したことで、刑事の桐原崇(神保悟志)は、薫がヤクザの同級生を巻き込み、強盗を計画した殺害犯であると確信する。
そんな智美の裏切りを知り、薫は愕然とするが、智美の取り調べには続きがあった。事件当日の行動について、智美は替え玉受験を隠し、「朝から2人で読書会をしていた」と言い放ったのだ。さらに薫が玲に貸した本を返してもらいに行った際、運悪く遺体に出くわしてしまったと言明し…。

第6話 あらすじ

替え玉受験は、東宮寺正胤(若林豪)が目論むカジノ計画成立のために必要なシノギだった。竹内薫(中島裕翔)は釈放されたが、警察が井上玲(笠松将)を見つけ出し真相を知れば、計画のとん挫はおろか自分たちの命もない…藤原智美(間宮祥太朗)と千佳(上白石萌歌)が頭を悩ませていると、権堂真司(音尾琢真)から着信が。電話から聞こえてきたのは、薫の家へ向かっているらしき東宮寺と権堂の会話だった。
その頃、薫の横を怪しげな清掃車が通過する。車に乗っていたのは情報屋の山田龍一(高橋努)、山田の弟分・駿(岡崎体育)、そして――!そんなことにも気づかずに歩いていた薫は、自宅近くで、車の中から見知らぬ男に声を掛けられる。「立ち話はなんだから乗りなさい」…声の主は東宮寺だ。その迫力に圧倒され震える薫を、東宮寺は力ずくで車内に引きずり込み…。

第7話 あらすじ

「藤原さんを救いたいと思いませんか?」夜中、竹内薫(中島裕翔)の自宅にやってきた山田龍一(高橋努)は、そんな言葉を口にした。藤原智美(間宮祥太朗)の情報屋だという山田は、井上玲(笠松将)の居場所がわかったことを智美に連絡したが、後になって地元のヤクザに匿われていることが判明。
武器を持たずに向かってしまった智美に届けて欲しいと、おもむろに拳銃を取り出す。驚きながらも薫が銃を凝視すると…。
そんな中、「電話をかけに行く」と一旦アパートを出たはずの山田は、なぜか下に停まっている車の中へ。車内で待っていたのは、ヤクザに匿われているはずの玲だった!

第8話 あらすじ

山田龍一(高橋努)は井上玲(笠松将)がとある清掃業社にいると竹内薫(中島裕翔)に教える。そこで藤原智美(間宮祥太朗)に銃を渡し助けて欲しいというが、本当は銃を持った薫と智美が落ち合ったところで、警察に逮捕されることをもくろんでいた。山田の言葉に何かを感じつつ、清掃業者に向かうため長距離バスに乗り込む薫。
バスの近くには桐原崇刑事(神保悟志)の姿が。実は薫と智美の供述の不審点に気づき、後を追っていたのだ。
山田と繋がる刑事・喜多慎吾(金井浩人)も乗車し、薫を陥れるための包囲網が敷かれた長距離バス。そんな中、サービスエリアでキャリアウーマン風女性が乗り込んで来る。実は彼女の正体は…。そして山田の壮絶な人生、駿(岡崎体育)との強い絆の秘密が明らかとなる。

第9話 あらすじ

完全に警察に包囲されてしまった山田龍一(高橋努)は、強奪した車に竹内薫(中島裕翔)を引きずり込み、銃を突きつけたまま逃走をはかる。なぜ山田を陥れることができたのか?緊急配備が敷かれる中、薫は車内でその真相を語り出す。
薫からのあるメッセージを見た藤原智美(間宮祥太朗)は、このやりとりがすべて山田を経由していることに気づく。拳銃を持った薫と智美が合流する時に、山田は何かを仕掛けてくる―― そんなもくろみを察知した智美は、阻止するべく権堂真司(音尾琢真)と奔走。薫に“山田の罠”を知らせるため、藤原千佳(上白石萌歌)を薫が乗るバスへ送り込む。

第10話 あらすじ

「こんなところで終われない」――その言葉を口にしながら、竹内薫(中島裕翔)は山田龍一(高橋努)による暴行で意識を失い、藤原智美(間宮祥太朗)は宝土清掃事務所で引き金を引き続けていた。その頃、権堂真司(音尾琢真)に布で口をふさがれた藤原千佳(上白石萌歌)は、何かを吸ったのかそのまま倒れこんでしまう。権堂の目的は一体…?
東宮寺正胤(若林豪)との約束のタイムリミットが刻々と近づいてくる中、智美はついに駿(岡崎体育)と対面する。“家族”と呼ぶ仲間たちを次々と殺され、怒りに震える駿は、智美にめがけて発砲。弾を腹で受けてしまい、おびただしい血が流れ出す。

第11話(最終回) あらすじ

竹内薫(中島裕翔)と藤原智美(間宮祥太朗)は、物置に匿われた井上玲(笠松将)を探しに行くが、そこに玲の姿はなかった。そのかわり壁一面に血のようなもので殴り書かれた無数の数字が…。東宮寺正胤(若林豪)との約束の時間まであと3時間。玲を探し出すのは不可能と判断した智美は、愕然とする薫に「逃げろ」と言い放つが、薫は壁に残された数字に触れ、必死に玲の居場所を探し出そうとする。
一方、権堂真司(音尾琢真)は藤原千佳(上白石萌歌)を薫のアパートへ連れて行き、薫の母・竹内陽子(仙道敦子)と待っているよう指示。智美に協力したいと嫌がる千佳を、「これは智美からの指示だ」と説き伏せる。

ドラマ「僕はどこから」1話~最終話を無料視聴するならParaviで!登録はこちらをタップ!

僕はどこから(ドラマ)への期待の声や見どころ

このドラマは家族愛をテーマにしていて、個性派ぞろいの方々がどんなやりとりをするのか楽しみです。

主演を中島裕翔さんが演じられるので、どんな姿なのかとても気になります。普段とは違ったところが見られそうなので期待したいです。

そして間宮祥太郎さんや上白石萌歌さんなどが、どんな演技をするのか注目したいです。

家族それぞれの想いがつまったストーリーだと思います。若い人から大人の人まで楽しめる作品だと思うので期待したいです。

気弱そうな見た目と性格の主人公が、文章を見るだけでそれを書いた人の気持ちが見えてくるという特殊能力を持っており、そこから大学の替え玉受験などの犯罪に手を染めていくストーリーになっているので、原作の雰囲気がどの程度再現されているかが楽しみです。

原作の登場人物が主人公を含めて結構個性的で、普通の人間じゃないみたいな雰囲気を持っている人たちが多いので、実際にそれぞれの登場人物を演じる役者の力量というのも気になります。

アニメ化よりは実写向きの作品だと思っていたので、実写ならではの面白さに期待したいです。

私は、予告を見て最初は作家を目指すドラマなのかと思いました。

しかし、予告を最後まで見たところ、特殊能力を持つ主人公の周りで色々な事件に巻き込まれていきそれを解決していくサスペンスドラマだと気付きました。

事件がどのように解決されて真実がどう明かされるのかが楽しみです。

また、ドラマでの活躍している中島裕翔さんと間宮祥太朗さんが共演しているドラマは久しぶりに見るので2人のコンビのドラマでの活躍がとても楽しみです。

まず、青春異能クライムサスペンスとはどういうことだと思いました。

なかなか想像は出来なかったのですが、とりあえず思ったことして他人の思考をコピー出来る能力ってどんな能力なんだろうな?と実際にドラマで見てみたいなと思いました。

あらすじを読む限り、主人公の男の子がどんどん追い込まれていくような気がしました。

母親の認知症を一人で介護するというのはとても大変なことであるけれど、夢に向かって頑張る青年が最終的に幸せになれることを期待しています。

LINEニュースでも一位を取るなど期待されている作品みたいなので、期待出来そうだと思いました!

お母さんの事故のせいでお金に困ってしまった薫が替え玉受験の依頼を受けてしまったせいで、どんな大きな出来事に巻き込まれてしまうんだろうかと気になります。

最年少組長が関係しているからものすごいことになりそうだなとドキドキします。

また、そんな犯罪に巻き込まれながらも、揺るぎない友情が描かれるということなので、薫と智美の間にどんな絆が見られるんだろうかと楽しみにしています。

全てが終わった時、薫たちの前に待っているのがハッピーエンドなのか、バッドエンドなのか、とても気になります。

仙道敦子さんが昔から好きで1991年のドラマ「明日があるから」で今井美樹さんと共演していた時からのファンであり、一時期芸能活動から離れていましたが近年ドラマにもしばしば出演されているので本当に嬉しく思っています。

今回のドラマでも出演されるので、とても期待しています。

またこのドラマの魅力に主人公である竹内薫の特殊な能力がどうドラマで再現されるのかも気になります。原作の漫画は読んでいるので竹内薫の特殊な能力は知っています。

ただ、それをどうドラマで表現するのか楽しみです。他人の文章を書き写すことでその思考をコピーすることができるといった能力をドラマでどう演じるか今から楽しみにしています。

他人の文章を写すことで相手の思考の流れを感じることができる(さらにその能力のために苦しむ)という主人公を演じるのは相当難しいはずで難しいはずで、ドラマ化してもあんまりしっくりこないかもなあと思っていました。

でも主演が中島裕翔さんだと知って納得。中島さんはまだ若いのに演技派として有名です。

演技派と一言で言ってもいろんなタイプがいると思いますが、中島さんはめちゃくちゃイケメンなのにキラキラしたオーラが無い演技ができるということです。

ジャニーズのアイドル兼俳優の人ってどうしてもアイドルとして培ったキラキラオーラが出てしまうものだと思うのですが、「普通の人である」演技ができるのはとても貴重です。

二宮くんや草薙くんがそのラインの人だと思いますが、中島さんの場合、そこに顔がとびきり美しいという条件も乗るのでさらに貴重です。

漫画の主人公って、キラキラしたイケメンより、地味だけど特殊な能力があるとかなぜかモテるっていうキャラクターの方が圧倒的に多いように思うので、中島さんはこういうポジションをどんどん演じて欲しいなと思います。

このドラマでも、主人公の特殊能力と、それによって人生を振り回されてしまう様を視聴者に不自然さを感じさせずに演じてくれるはずです。楽しみにしています。

Paraviで僕はどこから(ドラマ)を無料視聴しよう!

今回は「僕はどこから(ドラマ)」の無料動画・見逃し配信の視聴方法について調査しました!

僕はどこから(ドラマ)はParaviで見逃し配信されているので、ドラマを視聴したい方はParaviに会員登録しましょう!

そして、Paraviであれば2週間の無料会員期間があるので、登録から2週間以内に退会すれば料金は一切かかりません。

また、サービスが気に入ったのであれば、継続するのも良いでしょう!

Paraviでは「僕はどこから」以外にも出演者関連作品や人気ドラマも視聴できるのは嬉しいですね!

この機会にParaviに無料会員登録して、「僕はどこから」を無料で楽しんじゃいましょう!

Paraviに無料会員登録するにはこちらをタップ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です